いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

草津白根山噴火から・・・蔵王でも火山性微動が起こっている・・・


草津白根山の噴火のニュースは、恐ろしい映像でした。噴火の瞬間にもし居合わせていたらと考えるとゾッとします。以前、長崎に仕事で言っていた時にですが雲仙岳(うんぜんだけ)が噴火した時に噴石なんて飛んでこない距離になのになぜか怖くなった記憶があります。

草津白根山の噴火

近年、全国の火山活動が活発になっているように感じます。今回の草津白根山の噴火はなんでも3000年ぶりの噴火かもしれないと報道されていました。

気象庁は記者会見で「事前に火山活動の活発化を示す予兆はなかった」として「3000年ぶりの噴火の可能性が高い」と発表した。

事前に火山活動の活発化の示す予兆はない・・・しかも3000年ぶりの噴火。この報道やニュースをみてふと思い出しました。御嶽山の噴火も、事前予兆はあまり見られなかったと報道されていました。

www.hazardlab.jp

命を最優先

草津白根山が突然噴火した際に、「夢中で写真を撮った」「とにかく動画を撮った」などの声も上がっていたようです。御嶽山噴火の時も、写真や動画を撮影していた人もいたようです。たしかに噴火の恐ろしさを伝える為に撮影するのはわかりますが、命を最優先に考えて逃げてほしいと思います。

火山噴火は、直径数十センチ、もしくはもっと大きい噴石が降ってきます。もしそんな噴石が当たれば死んでしまうかもしれません。実際に、草津白根山噴火にて、陸曹長が後輩隊員に覆いかぶさりながら助けてた。陸曹長は背中に噴石が当たり命を落としてしまいました。噴石の威力、恐ろしさを感じます。
mainichi.jp

草津白根山は、噴火警戒レベルが「1」。しかし突然、噴火しました。日本には活火山が約50程あるとされています。もしも山に登る機会がある皆さんは、下調べをして、噴火が起きたらという準備をしてほしいと願っています。

避難経路が見つからない

御嶽山の時も避難経路がなかなか見つからな状態にあったとニュースで見たことがあります。今回の噴火も、山頂に取り残された約80人の救助に混乱。噴火により火山灰が積もりロープウエーは使えない。そんな状況の中、レストランの従業員の迅速な対応で全員救出に成功。
mainichi.jp

風評被害

御嶽山噴火の時にも、テレビ等のメディアでも多数取り上げられていた風評被害。草津白根山付近にも同じような状況になってきているようです。噴火に限らず、「被災地」となるとなかなか観光で行こうと思っていた人達もキャンセルしてしまう傾向にあります。

草津白根山噴火後、個人・団体の宿泊客が約5000件以上もキャンセルの電話があったようです。草津温泉旅館協同組合の担当者からの発表でしたが、御嶽山噴火の時のように風評被害が広がってしまっていると懸念している。
ホームページなどで「マグマが噴出し温泉街に到達することはあり得ません」「噴石も飛んできません」など呼びかけている。この正しい情報が広まってほしいと願っています。

今回の噴火のように、いつどこの山が噴火するなんてなかなか予測することは難しいです。噴火に限らず、次の災害はいつどこで起こるかなんてわかりません。災害が起こるたびにこの風評被害に悩まされないような対策を考えていかないといけませんね・・・



【スポンサードリンク】

蔵王山で火山性微動

宮城県、山形県にまたがる蔵王山で火山性微動が観測されたようです。山頂の南方向が隆起し火山活動が高まってきていると発表されました。
山頂の南方向が隆起する変化も観測され、噴気や火山ガスの噴出も観測されているようです。また地殻変動などで起きる火山性地震も4回観測したと発表されています。

火山性微動とは?

kotobank.jp
噴気や火山ガス、地下水、マグマなどの移動で起こる現象のようですね!

噴火速報も拡大

24時間監視をしている火山は、やく50あるようですが、草津白根山の噴火から「噴火速報」を34の火山が新たに追加されたようです。合計で84の火山が「噴火速報」の対象になりました。

最後に・・・

今回の草津白根山噴火には本当に驚きました。噴火の前兆もなく噴火というのが一番恐ろしいですね。噴火前に地震が起きるなどの何かしらの人体に感じる前兆があれば・・・なんて考えちゃいます。噴火する寸前に分かってもどうすることも出来ませんが・・・
近年は、自然災害がとても多くなってきていますね。大雨、大地震、火山噴火と台風被害もありますね。自然の猛威って恐ろしいです。
記事を書いていて、富士山も危ないって最近は耳にします。南海トラフも気になりますし今年も自然災害がおおくなるのでしょうか・・・

スポンサードリンク