いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

時代は巡る・・・「奥田民生になりたいボーイと出会う男をすべて狂わせるガール」

「出会う男をすべて狂わせる」と「奥田民生になりたいボーイと出会う男をすべて狂わせるガール」」映画公開!大ヒット中ですが友人と盛り上がったのですこし記事にしますね。

出会う男をすべて狂わせる

「奥田民生になりたいボーイと出会う男をすべて狂わせるガール」私は見に行っていませんが友人が映画を観に行ったそうです。映画を観ただけであかり(水原希子)のかなりのファンになっていました(笑)

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

渋谷直角原作、大根仁監督

絶対見ると惚れる・・・そう熱く語っていました!DVDになったら観るよと返事をしておきました。簡単に内容を説明すると映画のあかり(水原希子)は、仕事で出会う男たちを次々と女の魅力、武器で狂わせてしまう魔性の女。映画を観ていると、「いるいる」「こういう女っているね~!」かなり同感してしまうほどに面白いと言っていました。

友人の話によれば、もしあかり(水原希子)みたいな女性が現れたら絶対に狂わされると強く・・・熱く語っていました。

こんな女性には気をつける

みなさんも、学生時代、もしくは就職してからでもこんな女性に出会ったことはありませんか?必ず一人ぐらいは該当する女性がいると思いますよ。

★目を覗いてくる女性

映画の「狂わせるガール」はなんといっても男より優位な立場。すこし上目使いで目を覗きこんで自信ない男を探してる。

学生時代、友人と私はほとんど男の学生しかいない学生生活を過ごしていました。各科に数名程度の女の学生がいたのですがハーレム状態でしたね。たしかにこの数名の女性のなかにいました!!常に上目使いで会話をして、大学以外で見かけるとだいたい連れの男性が違う・・・みんな狂わされていたのですね・・・幸い私と友人は部活中心の学生生活でしたので大丈夫でしたが・・・




【スポンサードリンク】

男より優位な立場

女性の武器を最大限に生かして、常に男より優位に。最近では「女のマウンテイング」ともいうらしいですね。男性の皆様・・・しっかりしないとね!
これは昔からそうですが、女性の友達同士でもどっちが幸せかなんて張り合ったりしたことありませんか?それと似たような感じですね。

自分の思うように動いてもらえるように常に男より優位に立ちたい。その為に自分に自信のない男性を探しています。じーっ見つめられるとだいたいの男性は目をそらしてしまいますよね・・・
見返すほどの自身のある男性ってなかなかいないように感じます。

もう一つ技が、出会って間もないのに辛い恋愛経験話や内密な話をしてくる。例えば、今の彼とはうまくいっていない・・・彼から暴力を受けている・・・など関心が自分に向くようにする話術のひとつですね。早い段階で深い話をするようになったときは気をつけたほうがいいかも(笑)

すぐに大人の関係をもってしまうのも危険かも。上記のような会話の後だとやっぱり男性は勘違いしてしまいますよね!これが主導権を握る作戦のひとつかもしれません。自身のない男性ならもう彼女に夢中になってしまいますね。

別れの最後の言葉

付き合いだしてから・・・もしくは何度もデートを重ねた後に、「もう会わないほうがいいかも」「嫌いになっちゃいそう」などと別れを連想させるような会話をしてくる。なぜなの?と男性は必死に彼女の機嫌取りに必死になってしまう・・・

ここまで来たら確実に彼女が優位に立っているので男性が気付くまでもうどうすることも出来ない。

最後に・・・

学生時代に、たしかにいましたよ!まさに「すべてを狂わせるガール」でした。友人同士でどうにか気付かせようといろいろと手を下しましたが女性に夢中になってしまった友人はなかなか正気に戻りませんでした。
この記事を書いていて昭和の時代にも、アッシー、キープ君、メッシー、ミツグ君と似たような人達がたくさんいましたね。

時代は巡ると言いますが平成も終わりに近づいても同じなのですね。

スポンサードリンク