読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

年末の大掃除で子どもが大絶叫!そこにはとんでもない大きい蜘蛛が・・・

ライフスタイル ライフスタイル-おもしろネタ

日本最大のクモ アシダカグモ

f:id:tarubomirubo:20170116124450j:plain

家にいるクモ6種類

 

この大きい蜘蛛が出ました。ネットで調べてみると日本最大のクモでアシダカグモと言うらしい・・・リンクを貼っておいたので気になる方はどうぞ!

ジッとしていたので写真を撮ることができましたが動きは結構素早い。

 年末の大掃除

年末の大掃除で我が家の長男に部屋の掃除をさせていました。弟と遊びながら掃除をしているのでなんどか叱りながらもなんとか掃除は進んでいました。私たちは台所や電気の傘やら大掃除は大変です。でも一年のホコリを少しでも落としておきたいと家族総出で大掃除。

 

その中、突然子どもたちが大絶叫!今まで見たことのないスピードで叫び・・・いや、悲鳴です。しかもすごい表情でした。もう私たちは何が起こったのか?お化けでも出たのか?とにかく凄まじい表情で叫び、何を言っているかわかりません・・・すっごい大きい蜘蛛が出た!というのでまさか~と思いながら子ども部屋へ

 

そしたらいましたよ!改めてこのアシカガクモがいました・・・

f:id:tarubomirubo:20170116124450j:plain

とにかく大きい!私はキャンプが好きなのでさほど驚かないのですがかなりの大きさで目がテンでしたよ。どうにか外へ出さなければとほうきを使って窓のほうへ誘導します。でも結構素早い。クモの動きを予測しながらほうきで壁を叩いて無事に外へ。

子ども達はかなりの大きさのクモの出現でかなりの興奮状態。掃除どころではありませんでした。

 

日本最大のクモで人に被害はない

このアシダカグモは日本最大のクモらしいですね。足を広げるとCDと同じくらいになりそうです。クモが嫌い、苦手な人には見るだけで大絶叫ですね。我が子もそうでした。以下詳細です。

雄は10~25ミリ。雌は20から30ミリ。足を入れた全長は100~130ミリ。分布は福島以南の本州、四国、九州。食性は肉食性で昆虫や小動物も捕らえてしまうそうです。夜行性。クモの巣を作らない徘徊性のクモです。ゴキブリを食べてくれる頼もしい奴です。夕方頃から活動を開始します。大型で1見怖そうですが、大人しく壁にへばりついていることが多いクモになります。

 クモの巣を張らない徘徊性のクモらしいです。しかもゴキブリを食べてくれるんですね。たしかにゴキブリをしばらく見ていないように感じました。このアシダカクモのおかげだったのかもしれません。みなさんももし家で見かけたら家の外に出すか、一緒に暮らしてあげてください。ゴキブリなど小さい虫をやっつけてくれるので!我が家は外に出してしまいましたが・・・

 

ちなみにアシタガ軍曹を呼ばれているらしいです・・家のゴキブリなど小さい虫を食い尽くしていなくなると次の戦場に行ってしまうらしいです。なんかかっこいいクモなんですね

 

史上最強のゴキブリハンターことアシダカグモさんを見かけたら怖がらずに「お疲れ様です!」と挨拶しよう | ロケットニュース24

 

 

アダンソンハエトリ

f:id:tarubomirubo:20170116124525j:plain

 クモと言えば、家ではよく昔からみかけるこの小さいクモ。見たことありますよね?

私は、小さいころから家でよく見かけて触ろうとすると瞬間移動なみにピョンと飛ぶんです。我が家では とびっちょくも と呼んでいます。なぜか・・・ちょこちょこととびはねるクモだから・・・

詳しくはわかりませんがとても頻繁に姿を見せてくれます。

きちんとした名前はこんかいのアシタガグモの記事を書こうと思って調べたついでに調べてみました。アダンソンハエトリと立派な名前があったんですよね・・・一般的には家グモと呼ばれているらしいです。

 

アダンソンハエトリもハンターだった

しかもとびっちょくも・・・いえいえ、アダンソンハエトリもアシタガグモ同様に立派なハンターだったんですね。コバエを捕獲して退治してくれるみたいです。家の中を徘徊して捕まえられるコバエや小さいゴキブリなどを常に探し回っているようです。

アダンソンハエトリは小さくて見た目はかわいいので我が家では見守っています。小さいゴキブリやコバエ、ダニなどを退治してくれているとわかったので今後も見守っていきたいと思います。 

 

【殺さないで】よく家で見かける「黒くて小さいクモ」の名前が実はメチャクチャかっこいい / しかもハエやゴキブリを食べてくれる! | ロケットニュース24

 

小バエくらいなら瞬時に捕獲 ハエトリグモ科に属するアダンソンハエトリは、その名の通り「ハエトリ」が得意である。小バエ程度の大きさならば、じりじりと距離を縮めて一気に捕獲!

たしかに、瞬間移動並みにす凄く素早い。ハエを捕獲するなんてすごい!

 

動くモノは何でも捕らえる 小バエ以外にも、ダニや「小さいゴキブリ」なども退治するという話がある。動くモノには何でも反応。もしもパソコン画面上にアダンソンちゃんが貼り付いていたら、マウスポインタを動かしてみて欲しい。興味津々に追っかけてくることだろう。それほどまでのハンター気質だ。

面白いので今度見つけたらチャレンジしてみたいと密かに考えてしまいました!!

 

家の中をパトロールしている ちなみにアダンソンちゃんは、クモの巣を作らない。家の中をチョコチョコとパトロールし続けている。「俺が捕まえられる小さい害虫はいないかな」と、家の中を隅から隅まで徘徊し続けてくれているのである。そんな一生懸命な仕事人(仕事蜘蛛)は、アシダカグモ先生以外に見たことがない。

命綱を常に放出している クモの巣を作らないアダンソンちゃんだが、実は常にクモの糸を出している。まるで放屁しながら歩くがごとく、ブリブリとクモの糸を出し続けているのだ。一体なぜか? 答えは「命綱」である。もし、うっかりと足を踏み外しても、クモの糸でビローンとバンジー状態。安全第一のアダンソンなのだ。

どうか見逃してやって欲しい もしもアダンソンちゃんを「気持ち悪いから殺す」などと言う人がいたら、どうか考えなおすように伝えて欲しい。家がゴキブリだらけになってもいいのかっ! ゴキブリの赤ちゃんを見逃せというのかっ! 小バエだらけになるぞっ! と伝えて欲しい。家の中の秩序を守る自由気ままな用心棒、それがアダンソンハエトリなのだから。

 

最後に・・・

クモもたくさんの種類が存在します。家の中に出現して人間には害のないクモたち。もしも家の中で見かけたら見守ってあげてください。アシダカクモはちょっと大きいので外に逃がす程度でお願いします!

その反対に外来種で人間に危険を及ぼすセアカゴケクモなど有名ですね。最近ではあまり騒がれていませんが、徐々に日本に広がっているのは事実です。もし見つけたら警察等に連絡して情報を共有していきましょう。

 

こんなものを見つけました!子どもにどうかな??

スポンサードリンク