読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

子どもの疑問っておもしろい!

子育てをしているとふと なんで? どうして? と聞かれることはありませんか?幼稚園、小学生の我が子より回答に困ってしまった質問がありました。二つあり一つは渡も小さい頃に疑問に思い親に聞いたことのある質問でしたが、もう一つは疑問に思っていましたがスルーしていた疑問。

f:id:tarubomirubo:20161018123036j:plain

今回は、パイプがぐるっと一周したり、曲がってたりするの?と水族館のサメはなんで他の魚を食べないの?

 

変な形の配管

聞かれたときに和式トイレの配管を思い浮かべてしまいました。最近は和式をあまり見かけなくなったので分からない方がいると思いますが・・・

  

子供に洗面台の下を開けてどうしてこんな形なの??たしかに真っ直ぐではないので何でだろう?と疑問を持ったのだと思います。

みなさんわかりますか?

f:id:tarubomirubo:20170113085933j:image

洗面台のパイプはなぜ曲がってるのでしょう

 

洗面台の下のパイプは、必ずこんな形に曲げられています。必ず?たぶん・・・

 

これは外の下水管から、ネズミや害虫が侵入してくるのを防ぐためにこんな形になっているんですね。私も子供の頃に疑問に思い、父親に聞いたことがあります。

排水管(パイプ)は外の下水口と繋がっています。もしも排水管(パイプ)が直線でつながっていたとすると水を流してない状態では、下水の中にすむネズミや害虫にとっては、侵入口になってしまいます(家の中に入れる侵入路)もうひとつ、嫌な臭いも上がってきてしまうのです。家の中で下水の嫌な臭いがしたら嫌ですよね?!

 

排水管(パイプ)を曲げておくと、曲がっている箇所に常に一定の水がたまることになりますね。この水でネズミや害虫、臭いの通路を行き止まりにしているんですね。もしもネズミや害虫などが伝わってきたとしても、この部分は通ることができません。同じように下水の嫌な臭いもこの部分で防げます。このグルッと一周したり形が変化している箇所を「トラップ」と呼んでいるそうです。   

もうひとつ大事な役目を果たしています。もしも何か落としてしまったときには、このトラップが下水に流れないようにしてくれます。例えば指輪などですね。小さい物しか落ちないと思いますが・・・もし落としてしまったら水を流してはダメですよ!一緒に落としたものまで流れてしまいます。

落としたら水を流さずに、このトラップの箇所が取り外し可能なので取り外して落としたものを拾う事ができます。 

 

ちなみに、トイレも同様の仕組みです。水が常にたまっていて同じです。でも何か落としたら多分見つからないと思います。トイレの排水管は見たことがありません・・・

 

トイレやキッチンからもし異臭がしたら・・・このトラップの水がなくなってしまっているかも知れません。勢いよく水を流したりすると一緒に流れてしまう事があるようです。排水管の異常でなければ水を普通に流してトラップに水をためれば異臭は治りますよ!

 

 

 

 水族館のサメは他の魚を食べないの?

 f:id:tarubomirubo:20170113130126j:image

海の生物をゆっくり観察できて天気が悪くても楽しめる場所と言えば、水族館ですね。

お子さんがいる家族は一度は行ったことはあるのではないでしょうか。たくさんの種類の海の生物を見るのはお子さんも楽しくて仕方ないかも・・・でも大人もなぜか楽しめますね。

水槽の近くで突然、目の前にサメが来ると分かっていてもビックリしちゃいます!大きいのですごい迫力ですね。

 

そこで私も疑問に思っていましたがなんとなく聞いたりしたことがなかったこと。その疑問を我が子から質問されました。

 

なんでサメはたくさんのお魚と一緒に入っているのに食べちゃったりしないの??

 

ん?とっさにお腹いっぱいなんじゃない?お腹いっぱいかこの水族館で生まれたサメだから平気なのかもしれないね・・・

 

とりあえず我が子も納得。その後も私の頭の中はなぜなんだろうと考えていました。水族館の最後に定番のイルカやアシカなどのショーを家族で観覧。我が子はテンションMaxでしたね!

ショーの終わりに片づけをしていた水族館のトレーナーさんに話を聞いてみました。

 

子ども

なんで水族館のサメは他の魚を食べないの?

 

トレーナー

それはね。サメさんのお腹を一杯にしているんだよ。お腹一杯にしておけば小さい魚さんを食べちゃう事が少なくなるんだ。

 

ぱんつ親父

お腹いっぱいでも食べてしまったりということはないのですか?

 

トレーナー

サメたちが空腹にならないよう餌を与える時間や量、また回数を調整しています。 それでも食べられてしまう魚もいます。水槽に新しく魚を入れた直後、または餌の時間に他の魚を食べてしまう事がありますね。狙っているか餌を食べようとして間違えて食べているのかわかりません。

 

子ども

お魚が食べられちゃったらいなくなっちゃうね。

 

トレーナー

そうだね、いなくなっちゃうね。でもいなくならないようにお魚を新しく入れているから水族館はいつもお魚でいっぱいなんだよ。 

  

最後に

子どもの質問に丁寧に答えてくれたトレーナーさんに感謝です。私のとっさの答えも不正解ではなかったのでほっとしました。水族館もいろんな工夫をして私たちに海の生物を見せてくれているんだなと感じました。とくに深海生物なんて普通に暮らしていたら絶対に見られない。

水族館が深海の状況を水槽の中に再現できるからこそ深海生物の生きていけるんですよね。

今度また水族館に行くときは、ちょっと視点を変えて楽しみたいと思います。

 

 

行ってみたい水族館。

www.enosui.com

  

スポンサードリンク