読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

スパイスで寿命が延びる??

料理の隠し味などに使うスパイス!これは美味しさ目的だけではなく、健康に通じている隠し技があるんです!毎日の食事に取り入れてみては??

f:id:tarubomirubo:20160627125659j:plain

★体を温めてくれるスパイス★

体を温めてくれるスパイスはたくさんあります。このスパイスの効果は脂肪燃焼と自立神経活性化が期待できます。

そのスパイスは、みなさんご存知のショウガ、唐辛子などを使った料理です。代表的な唐辛子などのスパイスを使った料理を食べると体がポカポカするのを感じたことはありますよね。

メディアでも放送されたことがあると思いますが、ショウガ には「ジンゲロール」という辛味成分があります。体を温め、交感神経を活性化してくれます。唐辛子の「カプサイシン」も交感神経を活性化すると言われていますね。また脂肪燃焼にも効果があるとされています。

もう一つ、素晴らしいのが「ジンゲロール」には脂肪細胞を肥大化させない働きもあることが分かっているそうです。脂肪細胞が肥大化してしまうと「アディポネクチン」というホルモンの分泌が減ってしまいます。脂肪燃焼や健康にかかせないホルモンなので脂肪細胞を肥大化させないとこが健康の秘訣ですね。

 

f:id:tarubomirubo:20160627125722j:plain

 

★スパイスならカレーが有名★

 カレーは健康に良いとされているメニューですね。それはクルクミンが含まれているからです。クルクミンはアルツハイマー病の発症を抑えてくれると注目されています。

本当なのか?インド人はアメリカ人と比べてアルツハイマー病の発症者が4分の1だそうです。インド人は常にカレーを食する人が大半です。そのカレー粉に含まれている「クルクミン」の摂取量に関係していると考えられています。

クルクミンは悪玉コレステロールを減らしてくれたり、肝臓の働きも助けてくれたりします。カレーだけではなくカレー粉をいろいろな料理に活用するのは、とてもおすすめです!

 

[rakuten:daisen-ds:10000068:detail]

スポンサードリンク