いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

益城町に仮設商店街オープン

仮設商店街15店舗 オープン

f:id:tarubomirubo:20160627110401j:plain

 

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町で25日、飲食や理髪など15店が入る仮設商店街「益城復興市場・屋台村」がオープンした。

店舗が全壊するなどして一度は再開を断念した店もあり、店主らは「ここから元気を広げたい」と新たな一歩を踏み出した。  

屋台村は町中心部の駐車場に設けた長さ30メートル、幅10メートルの巨大なテント内につくられた。午前10時にオープンすると地元の人たちが訪れ、店主らと再会を喜び合ったり、親しんできた味に舌鼓を打ったり。78席の飲食スペースでは再会した住民同士が談笑していた。  

町商工会と地元有志らでつくる街づくり団体「まちづくり益城」が設置。地震後、営業を停止した店から廃業を考えているとの相談が商工会に相次ぎ、「国の支援を待たずに動かねば」と計画した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この先復興が進み、元の生活へ戻ったとき(商店街廃止になったとき)不便さを感じないかなぁ~と思いました。ちょっと歩けば何でも揃う商店街が無かった地域の人たちにはすごく新鮮でとても便利なものだと思います。

ぜひこのままずっと商店街として残して欲しいと思う記事でした。

スポンサードリンク