いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

紫外線対策しても日焼けするってホント?

実は日傘の寿命は意外と短いんです!

    f:id:tarubomirubo:20160526121717j:plain

 強い紫外線が降り注いでいる時期となりました。みなさん、紫外線対策していますか?

日傘をさしている割には、うっすらと日焼けしていることってありませんか?

日傘をさしているのに日焼けしてしまうのはなぜだろう…

 

★「紫外線カット率」に注目しましょう

ただ単に「日傘」と言っても何でも良い訳ではありません。逆に日焼けの危険性を高める恐れがあるんです。日傘には、「紫外線カット率」の数値があります。絶対日焼けを避けたい方は、紫外線カット率が高い日傘を選びましょう。近頃では、カット率99%の日傘も販売されているので、店頭でチェックしてみてください。

この「紫外線カット率」実は「寿命は約2年」と言われています。

長年使用している場合は買い替える必要があります。

 

★裏地もチェックしましょう

紫外線は、上から降り注ぐだけのものではないんです。地面に反射し「照り返し」というかたちで顔や体に返ってきます。つまり、日傘の表面だけに紫外線カット加工がされている日傘では完全に紫外線を防ぐことは出来ないので、 裏地にも紫外線カット加工がされている日傘を選びましょう。また、裏地が光沢のある色や白っぽい色だと、照り返しによる紫外線を集めやすくなると言われていますので、黒や紺色のような暗い色のものを選びましょう。

 

★日傘だけではダメ!

どんなに良い(高い)日傘を使っていても、それだけでは紫外線をカットしきれません。

・日焼け止めは規定量をしっかりと塗る

・紫外線カット加工がされたシャツやカーディガンを羽織る

・目からの紫外線の侵入を防ぐためにサングラスを着用する

日傘だけではなく他にもいろいろな対策を取りましょう。

健康的な小麦色の肌も良いけれど、昔と比べ今はかなり紫外線が強くなりました。年齢問わず紫外線対策は心がけたいですね。

スポンサードリンク