読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

妊産婦さん 4万人に精神ケア必要

 産科と精神科の連携を!4万人の妊産婦さんに精神的ケアが必要!

f:id:tarubomirubo:20151216172700j:plain

◇厚生労働省の研究班が推計公表

精神科で治療を受けていたり、受診が必要とみられたりする妊産婦は全国で年間約4万人(4%)に上るとの推計を、厚生労働省の研究班が11日公表した。

 

精神疾患を抱えた母親は自殺や育児放棄をするリスクが高く、研究班は「産科と精神科の連携強化を急ぐべきだ」と指摘している。  調査は昨年11月、全国2453の分娩(ぶんべん)施設を対象に実施し、1073施設(44%)から回答があった。この結果、同月中に出産した計3万8895人中、産科医が「メンタルヘルスへの対応が必要」と判断した女性は1551人(4%)いた。全国では年間約100万人が出産しており、全体で4万人と推計した。  調査では、うつなどで通院や服薬中が459人、診断を受けていないが「赤ちゃんに関心を示さない」など、精神不安などが疑われる人も595人いた。背景とみられる事情には、結婚していない(18%)▽貧困など生活面に問題(15%)▽両親の離婚(12%)--などがある。  一方、精神的なケアに当たる職員は、助産師、産婦人科医、看護師が施設の8割を占め、精神科医や臨床心理士など専門職が対応しているのは、わずかだった。出産後、精神科医に紹介した施設も2割にとどまった。  研究班メンバーの中井章人・日本医科大教授(周産期医学)は「産科医の見落としも相当あると考えられ、心の問題を抱える妊産婦はもっと多いだろう。妊産婦を支えるネットワーク作りが急務だ」と話す。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての妊娠の方だけでなく2人目、3人目の妊娠でもやはり毎回違うので不安はつきものです。妊婦生活って思うように動けなくなったり、食事にも気を使ったり結構大変ですし出産に対しての恐怖心を抱えている人も多くいます。

母乳を推進している病院ですと出産直後から「母乳・母乳」と言われ、2・3日経っても出産でかなりの体力消耗している身体にはかなり辛いですし、自由になった退院後は母乳をあげる事事態が嫌になってしまったママもいます。

また出産後約5日間くらい入院しますが体を休めるための入院期間だと思っていても、病院によっては入院中に「ママ講習会」とか「親睦会」などイベントに参加されらてゆっくりできない場合もあります。入院中「天国」と感じる人もいれば「地獄」だと感じる人もいるくらい、かなり個人差はあります。

里帰り出産をし退院後実家でゆっくり過ごそう!と思っていても、親戚やお客さんがお祝いを持って来る度に接待をしなくてはいけないので、なかなかゆっくりも出来ないママも少なくありません。

 

妊娠中・出産後に辛いことが重なってしまうとなかなか我が子に関心が持てなくなってしまうのもとってもわかる気がします。それだけ妊娠・出産は大変なことなので、是非パートナーの方にも理解して頂きたい。

スポンサードリンク