読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

「変態仮麺」を食べた鈴木亮平が感想をブログで明かす

「次のお客様変態でーす!」と大声で叫ばれたらしい…

f:id:tarubomirubo:20160510122730j:plain

 5月14日に公開される「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」に主演する鈴木亮平さんが、同映画をイメージしたラーメン「変態仮麺」を食べに行った時の様子を自身のブログで報告しています。

 

なにやら変態仮面コラボラーメンの存在を知った鈴木さんは「なんてアブノーマルなラーメン屋だ、けしからん」と主人公・色丞狂介(しきじょうきょうすけ)さながらの正義感を感じて調査してみることにしたんだとか・・・ やはり変態仮面の主演は一味違う。 ♡パンティーの中には「変態」と書かれたおいなりさん(鈴木亮平さんのブログより

f:id:tarubomirubo:20160510122851j:plain

 変態仮麺を販売する「二丁目つけめん GACHI」を訪れた鈴木さん。「清潔感があって入りたくなる感じ」「アブノーマルなメニューを出しているのだろうか」と斜め上の不安を感じていたことを明かします。  鈴木さんはまず、券売機の中に配置された「変態仮麺」のボタンがあまりにも地味だったことにツッコミを入れています。変態仮麺を注文すると「はいお次のお客様変態でーーーす!!」と大声で叫ばれたんだとか。 鈴木さんは「変態仮麺を注文はしたけど僕は変態じゃない」「変態仮面は変態だけど僕自身は変態じゃない」と色丞狂介っぽい謎の言い訳をしています。しかも変態仮麺は大人気で、「お次のお客様変態でーーす!」「はい次も変態でーーす!」「はい、変態あがり!」と”変態”が連呼されまくっていたんだとか・・・ そして運ばれてくる「究極・変態仮麺」。 その第一印象を「バカだ。すごいバカだ。(いい意味で)」とコメントしていますが、メレンゲでできたふわっふわのパンティー、その中に隠された「変態」と刻まれたおいなりさん、そして更にその中にある2個の黄身など、その突き抜けまくった完成度に「なんてくだらない下ネタなんだ!!!」とむしろ感心していた様子です。   豊富に使用された黄身でコスト高になるところを、パンティーのメレンゲで白身もうまく活用するアイデア。「パンティーの造形を完璧に再現しつつ、返す刀でおいなりさんの下ネタまで同時に完成させてしまうとは…」「本物だ… 本物の変態だ」と絶賛(?)しています。 10分ほどかけて無事完食した後、鈴木さんは「世の中にはまだまだすごい連中がいるもんだぜ」と感想をつぶやいていた様子。

 

「変態仮麺」を販売するのは、東京に店舗を構える「二丁目つけめん GACHI」「豚骨味噌ラーメンじゃぐら 野方本店」、神奈川に店舗を構える「台湾まぜそばとピザそば 俺の金太(わたしのおいなりさん)」そして大阪に店舗を構える「らーめんstyle JUNK STORY」「辛口ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」「幻の中華そば加藤屋 大阪にぼ次朗」の計6店舗です。   「二丁目つけめん GACHI」で販売される「変態仮麺」は、メレンゲでパンティ、煮玉子で目、海苔で眉毛を表現したまさに変態仮面そのままなラーメン。パンティの下には“変態”の刻印を押したおいなりさんがトッピングされており、ネタに全力で突っ走った盛り付けとなっています。まさに変態盛り。価格は990円(以下、全て税込)で、限定20食の販売。

 

映画も気になるが変態仮麺もかなり気になる…

スポンサードリンク