読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

大雪が!雪への対策・・・車編!

ライフスタイル ライフスタイル-豆知識

去年も一昨年もたしか大雪が降りましたね?!歩き方に続いて車での注意点!スリップ事故を起こす前に!知ってるだけで役に立つかも!?

 

★発進するときは徐行運転★

発進時のアクセルはゆっくり踏み込みます。雪道や凍結路では、急発進していなくても空転してしまうことがあります。そんなときは、しっかりタイヤが地面を捉えるまでゆっくりアクセルを踏んでください。

f:id:tarubomirubo:20160119232644j:plain

★もしタイヤが空転したら・・・★

もしもタイヤが空転してしまい止まれない状態になってしまったらクラクションを鳴らしたりして周囲に知らせる。周りが気づいてくれれば大事故になる可能性を減らせます。

雪道では速度を落とす為のエンジンブレーキのときも、軽くブレーキに足を乗せブレーキランプを点灯させる事により、後続車のサインになります。

アイスバーンの走行中は、直進状態でも車が浮いているような感覚があると思います。車内の音楽などをけしてタイヤの音にも耳を澄ましてみてください。タイヤから聞こえる音などにも意識を集中して運転してください。

 

★雪道で常に意識すること★

雪道では乾いた路面を走行するときよりも、速度を落として車間距離を大きくとります。

車線変更はなるべくしない。走行中の車線変更、交差点での右左折、バス停などでの追い越しなど、氷の轍(わだち)やセンターラインにたまった雪があるため危険。急な車線変更、追い越しはやめましょう。

 

★スタッドレスタイヤを装着!安心?★

スタッドレスを装着したから安心、安全という過信は危険ですね。スタッドレスを装着していてもタイヤがスリップしたりしますよ。スタッドレスタイヤを駆動輪だけ装着という方もすくないないようです。この駆動輪だけではあまり意味がない。これは車屋さんから聞いたことなので確実な情報です。夏用タイヤを装着している時とあまり変わりはないそうです。スタッドレスタイヤは必ず4輪に装着しましょう。

 

 

最後になりますがもう一つだけ。凍った道を歩いていて足を滑らせて転ぶことってありませんか?これは凍った路面と靴底の間に氷が溶けた水の膜ができているからです。靴底がその水の膜を処理することができないから滑ってしまう。自動車のタイヤのスリップ現象も同じ原理です。積雪路や凍結路では、路面の氷が溶けて水に変化しています。上と同じ現象がタイヤにも起こりグリップ力を失います。失ったタイヤは滑りやすくなりスリップを起こします。

では雨は?雨の場合は、タイヤの溝が水の膜を処理してくれるので固い地面とタイヤとのグリップがすぐに戻ります。雪や氷は、氷が溶けて断続的に水の膜が発生するため処理しきれなくなっていきます。しかもみぞれ状態なのでなおさらですね。

スタッドレスタイヤは路面と接地する部分のゴム自体にまとわりつく水を取り除く、凍った道の固い氷をひっかく機能とを持っているので滑らずに走行できるんです。 

 

スポンサードリンク