読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

富士山が銭湯の壁絵である理由

日本には昔から元旦か2日の夜に見る夢を「初夢」と呼びますよね。皆さんは「初夢」を見ましたか?どんな夢だったか覚えていますか?

1年の吉凶を占う風習がありますが初夢に見ると縁起がいいものとして「一富士二鷹三茄子」と言われています。一度は聞いた事があると思います。

「初夢」に富士山が出てくるとその年の運気は上々です。あまり夢に富士山は出てこないかも知れないですね。話が変わりますが、富士山といえば銭湯の絵を思い出します。幼いころからよく父親と銭湯にいっていました。小学校高学年くらいの時になんで銭湯には富士山の絵なんだろうと父親に質問したことがあります。父親はなんとなくごまかして日本の一番高い山だからと答えてくれたのを覚えています。このささいな疑問をすこし調べました。

★日本人なら知っておきたい?!「銭湯の絵はなんで富士山?」★

f:id:tarubomirubo:20160107124549j:plain

日本人なら知っていて損はないですね。

「なぜ銭湯の絵は富士山なのか」と外国人や子供から質問されても回答できるよう簡単にまとめました。ネット等で調べてみると東京の銭湯「キカイ湯」が発祥らしいです。しかも銭湯に初めて富士山が描かれたのはなんと大正元年。東京にあった銭湯の経営者が「子供達にも喜んで湯船に入ってほしい」と願いをこめて壁にペンキで富士山を描いたそうです。この富士山は川越広四郎さんが描きました。今はあまり銭湯を見かけなくなり銭湯の富士山を見ることはあまりないかもしれません。

富士山の絵がたくさんの銭湯で描かれるようになったのは縁起がいいと関東中心に拡散していったみたいです。「富士山は日本を象徴する山」で縁起担ぎみたいなもので周囲の銭湯の真似から始まり急速に広がりました。富士山の壁絵が東京周辺に多かったのはこのような理由なんですね。逆に関東から離れた地域ではあまり見ることができないそうです。富士山の壁絵を銭湯で見られるのは、富士山が身近に感じられた範囲で広まったそうですね。

最後にちょっとした豆知識。関東地区以外では、銭湯の壁絵は?という疑問があるかもしれません。関東以外では定番の壁絵はないそうです。しかも関東は職人が描くペンキ絵。関西ではタイル絵が中心。関西地方で富士山のような壁絵が描かれなかったのはペンキ絵ではなくタイル絵が中心文化だった為とも言われています。

スポンサードリンク