読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

ご存知ですか?ペット葬儀

ライフスタイル ライフスタイル-ペット

近年増えつつあるペット葬儀。その内容と相場は?

f:id:tarubomirubo:20151217160759j:plain

近年ペットにも葬儀を執り行う方が増えてきているのをご存知ですか?

人間ははなぜ葬儀を挙げるの?と聞かれればそれは親しい者の死を悼み偲ぶためと答えるでしょう。亡くなったものに対する気持ちが葬儀に反映されていると考えると、ペットも家族のように思い大切に育て楽しい月日を過ごし愛情を注いできた人にはペットにも同様の葬儀を執り行いたいという気持ちがあるはずです。

 

ペットが亡くなったらどうしますか?

・自分で庭先に埋めるなどして供養を行う。

・火葬や埋葬のサービスを利用して行う。動物霊園で火葬にし共同墓地に埋葬してもらう。納骨やお彼岸、回忌の供養に参列。

・納骨や回忌供養をお坊さんにおこなってもらう

 

実際にペット葬の現状とはどういったものなの?またペット葬と人間の葬儀との違いは?

 

現在、なにげに多くの葬儀会社が採用しているペット葬儀。

プランは大きく分けて3つ。

・立会葬儀 基本的に読経+個別火葬+納骨(埋葬)

人間の葬儀と変わらない葬儀。自分の宗教・宗派にあった葬儀を執り行うことができる場合もあるそうです。費用は(目安として)10万円前後。位牌や献花など人間の葬儀の形態により近くなればなるほど、費用は加算されます。立会葬儀は、ペットを家族として亡くなった後まで大切に供養したい気持ちが強い方に選ばれているそうです。

 

 

・個別一任葬儀 個別火葬+納骨(埋葬)。

飼い主はペットを受け渡してからペットの遺骨が骨壺に納められ戻ってくるまで…

または納骨堂に赴くまで…ペットに会うことができません。

費用はおよそ6~8万円とされています。中には『個別立会火葬』と言い火葬に立ち会い、収骨を行うことができるプランもあるそうです。個別一任葬儀を選ぶ方は、ペットの遺骨が自宅に戻ってきてから、自宅で供養を行う場合がほとんどです。宗教に関係なく、ペットへの思いを自分なりに表現し供養をしたいという方に選ばれているそうです。

 

・合同葬儀 読経・火葬・埋葬を他のペットを共に行う プラン。

葬儀に家族は立ち会うことができず、遺骨も家族のもとへは戻らずに埋葬されます。費用は5万円強で葬儀プランの中で最も安いです。合同葬儀は、供養を行いたいけど、経済的に実現できない方に選ばれています。

 

あくまで平均的な費用であり、ペットの種類や大きさに応じて費用は幅広く変化するそうです。また人間と同様に、納骨堂や一回忌などの供養の費用も考える必要があります。 費用の問題によく亡くなったペットを偲ぶ気持ちを現金化して考えるのは、一見不謹慎なように見えますが、老い先短いペットに対して自分が挙げてあげたい葬儀の相場がはっきりしていれば、そのために貯金をするなど現実的な手段を講じることができます。

 

今はペットも家族の一員。長年可愛がり大切にしてきたペットの最後は「ありがとう」の気持ちを込めて送ってあげたいものですね。

スポンサードリンク