いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

幻の自販機は観光名所に!「10円自販機」安売りのパワースポット!

大阪市福島区になんと幻の自販機と言われて話題になっている。なんと価格は1本 10円 しかも面白いのが何が出てくる分からない・・・出てくる商品を想像しながら買う!面白いですね!

この幻の自販機を設置したのは、卸売業者「大阪地卵」様。販売するのに賞味期限が迫った飲料が大量に残ってしまっているのを釜坂晃司社長が「安く販売すれば売れるのでは・・・」という思いでこの幻の自販機は誕生したのであります。しかも話題になる前・・・4年前から設置している。

 

f:id:tarubomirubo:20151208123346j:plain

自販機で扱っている商品は、賞味期限が1週間以内のものを含めて、段ボール箱に傷、へこんだりと商品として出荷できなくなってしまった不良在庫品。この自販機を設置してからなんと月に約3万本も売れる月もあるという。しかも10本以上もまとめ買いする人が続出してしまい、1日2回の補充作業をしても追いつかないほど大人気の自販機に。

日本人特有の「もったいない精神」から生まれた自販機と言ってもおかしくないですね。しかも話題になってきているので「福島の新名所」にならないか考えているらしい。

自販機には「有名ブランド飲料いろいろ 何が出るかお楽しみ!!」と書かれたパッケージが陳列。ジュースからコーヒー、お茶など多種多彩の商品が出てくる。大きさも多種多様。ペットボトルも出てくることもあるようです。自販機前には次々に購入客が現れる。すぐに「売切」の赤ランプがあちこちで点灯してしまうという。「近くを通るたびに10本ほどまとめ買い」という声も。

購入客同士でそのコーヒーはどのボタン?今日はお茶しか出ないなあ!など何が出るかわからないため情報交換も行われているという。たしかに前の購入者がコーヒーを飲んでいて飲みたいと思い購入してお茶がでたら悲しいですね。でもそれがこの自販機の魅力なんですよね。

しかも最近では「安売りのパワースポット」として注目されているようで、お客さんが自販機と一緒に記念写真を撮るなんて光景も多くなっているみたいですね。まさに観光名所です。

スポンサードリンク