読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごアンテナ

いちごアンテナにビビッと反応したら記事に!

意外なチョコレートダイエット!?

  • チョコレートは「太る」というイメージ、ありませんか?    

  f:id:tarubomirubo:20151231200309j:plainf:id:tarubomirubo:20151231200309j:plain

前にカカオ含有量が高いチョコレートを食べることで血糖値を上げて満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐんです。 そのほかにも、美容や健康によいカカオポリフェノールが含まれているなど、チョコレートにはメリットが沢山あるんです。

 

・チョコレートがダイエットに効果的な理由

主原料のカカオにあります。カカオのポリフェノール含有量は赤ワインよりも高く、血液をサラサラにしてくれるので動脈硬化の予防にもつながるんです。また、便秘を防ぐタンニンや食物繊維も多く含んでいるので便通を改善してくれます。 そのほかにも、代謝に必要なビタミンEやナイアシンといったビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラル類の豊富さも、ダイエットの効果を高めています。

 

・カカオの量と食べるタイミングが大切

チョコレートダイエットを実践するには、カカオ含有量70%以上のチョコレートを選びます。そして1日50gを目安に、朝・昼・晩の食事の20分前に食べます。半分に割った板チョコを3回に分けて食べるとちょうどいい量になりますよ。 食前に摂取することによって、すばやく血糖値を上昇させ満腹中枢を刺激し、食欲を抑えられます。またカカオポリフェノールのさまざまな効果を得ることが期待できます。ただし、栄養バランスのいい食事を三食きっちり摂ることを忘れないでくださいね。あくまで食べすぎを防ぐ方法としてチョコレートを活用しましょう。

 

・無理に食べる必要はありません

チョコレートダイエットは普段から甘いものを食べる習慣がある・間食をしてしまうという方に向いています。もともと間食をしなかったり、甘いものが苦手な方は無理にチョコレートを食べる必要はありません。逆に余計なカロリーを摂取してしまい、太る可能性がありますのでご注意くださいね。

 

これまで間食として食べていたクッキーやアイス、プリンなどの甘いものを、少しダークなチョコレートに変えて、無理なくダイエットしてみてはいかかですか?

スポンサードリンク